種類

妊婦さんでもOK!便秘解消の漢方

毎朝なかなか出ない、身体が日に日に重くなっている、腹痛まで感じる事が有る、このような悩みを抱えている方々は多いのですが、これらの原因は全て便秘に存在します。
便秘が深刻化するにつれてこれらの症状を感じる事が多くなるのですが、もちろんこれは誰にでも当てはまる病気なのです。
中でも妊婦さんにもこの便秘症状を抱えている方は多く、その方々であれば出来るだけ胎児に害の無い形で解決していきたい物です。

実は、そんな妊婦さんでも安心して試せる便秘解消法が漢方での解消なのです。
便秘薬を使用するとなれば、副作用が気になったり体に合わない事と言うリスクも付いてきます。
確かに便秘を解消する為の成分が多く含まれている事から効果の期待値は高いのですが、中には子宮を収縮させてしまう事も有るので、出来るだけ避けて通りたいところです。

だからこそ、妊婦さんが風邪を引いた時にも多く見られる光景として、病院で薬を貰うのではなく漢方薬を処方してもらう事が多いのです。
漢方薬には、山梔子や当帰、麻子仁と言った代表的なものが挙げられるのですが、いずれにしても腸の活性化を促し、便を排出が期待できます。
これらは妊婦さんであっても安心して便秘解消を試みる事ができる漢方薬なので、その支持や人気は高いのです。

しかし、妊婦さんの便秘を解消する上で1つだけ注意しておくべき事が有ります。
それは「大黄」と言う成分に関しての事なのですが、大黄が含まれている漢方薬とても刺激が強いのです。
妊婦さんであれば腹痛を伴ってしまったり下痢などの症状が多く見られ、最悪の場合は流産などの状況を招かざるを得ないのです。

その事からも、便秘解消の為の漢方薬には大黄が含まれていない商品かどうかを確認する必要があるのです。
これらの事から、妊婦さんの便秘解消には通常の便秘薬ではなく、漢方が良いと言われています。
その中でも大黄という成分が含まれていない物が相応しく、安心して漢方を使うためにはしっかりと確認しておきましょう。

このページの先頭へ